仮想通貨 法定通貨

MENU

仮想通貨でトレード出来る各社の一覧

ビットコインと法定通貨の違い

仮想通貨の説明

●ビットコインは実物ではなく、「暗号」

 

ビットコインなどの仮想通貨と、法定通貨との違いを述べます。

 

法定通貨にはお札や硬貨がありますが、ビットコインにはお札も硬貨もありません。

 

では、現物が存在し無いビットコインをどこで購入するのでしょうか?

 

ビットコインを買う方法はいくつかありますが、仮想通貨の取引所に口座を開設し、取引所で買うのがおすすめです。

 

仮想通貨の取引所の一つである
bitFlyerを開設
して、ビットコインを買うと、口座にある「ウォレット」(お財布のようなもの)にビットコインのデータ(暗号)が入ります。

 

買い増せばウォレットに追加されますし、売却したり、どこかへ送金したりすると、ウォレットからビットコインが出ていきます。

 

 

 

●ビットコインは発行される量が決まっている

 

ビットコインの発行総量は、事前に決められています。

 

法定通貨は各国の中央銀行が発行していますが、ビットコインは、ブロックチェーン技術を用いて、ビットコインを発行するためのプログラムに沿って自動的に発行されています。

 

また、採掘(マイニング)によって発行される量も調整されています。

 

そのため、一瞬にして発行量が増えてインフレが起こったり、混乱が生じることを避けた設計がなされています。

 

法定通貨は発行の上限が決まっておらず、景気をよくしたいときにはたくさん発行し、景気を引き締めたいときには発行量を減らします。

 

ビットコインの発行総量は、2140年までに2,100万 Bitcoin とされていて、それ以降は新規に発行されることがありません。

 

 

 

●支払いにも送金にも使える。今後はもっと便利に

 

法定通貨は、どこの店でも使え、税金を納めたりも可能です。

 

しかし、ビットコインでの決済では、双方がビットコインによる支払いを受け付けている事が必須となります。

 

ビットコインという通貨が「通じる」間柄でなければ、決済はできないのです。

 

円やドルなどの法定通貨と違ってまだまだ普及の初期段階にあるビットコインにおいて、これは非常に大きな課題です。

 

また、2017年4月現在においては、法定通貨は銀行に預ければ利息が付きますが、ビットコインは預金できません。

 

仮想通貨の取引所でビットコインを買って保有しておくことはできますが、原則的に利息はつきません。

 

しかし、取引所によっては「貸ビットコイン」(ビットコインを第三者に貸し出す)をできる場合があり、その際には金利収入を得ることもできます。

 

 

 

●ビットコインにお金としての信用性はある?

 

法定通貨は、国が信用を裏付けていますが、ビットコインは、国家や企業が運営している仮想通貨ではありません。

 

経済発展していない国の通貨では、対外的にお金の価値が認められないこともあります。

 

そうなると、発行通貨の信用性が低い国では法定通貨よりビットコインの方が、信用性が高いと捉えられることもあります。

ビットコイン、イーサリアムなどの「仮想通貨で」で稼ぐ!

bitFlyer ビットバンクトレード(追証なし) DMM Bitcoin ビットコイン・アービトラージ・トリプル・アラート

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer 口座開設

詳細

ビットバンクトレード

ビットバンクトレード

詳細

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

ビットコインを3つのアラートで監視します!ビットコインを3つのアラートで監視します!?|?fx-on.com

ビットコインを3つのアラートで監視します!

GMOコイン みんなのビットコイン QUOINEX ビットトレード

アルトコイン訴求

GMOコイン

詳細

みんなのビットコイン

みんなのビットコイン

詳細

ビットコイン

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

詳細

ビットトレード

ビットトレード

詳細

Zaif


日本初! ビットコインのMT4取引を実現した取引所 BITPoint(ビットポイント)

金融庁に登録されたその他の取引所

ビットコインチャート

  • マネーパートナーズ
  • SBIバーチャル・カレンシーズ
  • BTCボックス
  • フィスコ仮想通貨取引所

免責事項

※お申し込みをされる際は、各ビットコイン投資会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。
セキュリティが万全だと宣伝されていた大手取引所がハッキングされ仮想通貨を盗まれたり、顧客の資産が回収不能となるという事件が何度も起こってます。

当サイトに掲載の取引所もハッキングの被害に遭わないと言い切れません。

少なくとも、取引所に資産を長期間預けるのはやめておきましょう。

仮想通貨と法定通貨の違い|ビットコインの信用性・発行総量|マイニング記事一覧

法定通貨ビットコイン(仮想通貨)実体ある(紙幣や硬貨)ない発行量上限なし。金融政策次第上限あり。発行ベースが決まっており、2140年頃までに2,100万BTC(ビツトコイン)を発行する(1BTC=12万円とすると繕顕2兆5,200億円相当)信用信用性は高い。国が価値を裏付け政府が介入しないため、発行通貨の信用性が低い国では法定通貨より信用性が高いと捉えられることもある。額面額面は一定。円では、10...