MENU

ビットコインの先物取引とは?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットコインの先物取引は、証拠金を預入れ、差金決済によりビットコインを売買することです。

 

ビットコインの先物取引ができる取引所にbitFlyer Lightning Futuresがあります。

 

ビットコイン先物の「単位は BFT」 です。

 

bitFlyerのビットコイン先物のLightning Futures取引板において、満期日である限月(げんげつ)まででなら、反対売買による差金決済を行うことで建玉(ポジション)を解消することができます。

 

満期日までに反対売買による差金決済を行わなかった場合、建玉は満期日に決定するSQ(清算値)で自動的に差金決済されます。

 

SQ(清算値)は、ビットコイン現物板の満期日の決められた時間における板寄せ(※)による一本値で決められます。

(※)「板寄せ」とは、売注文と買注文を規定の優先順位にしたがって、順次対当させながら数量的に合致する価格を求め、当該価格を単一の約定価格として売買を成立させる方法です。

 

Lightning Futuresの取引板における満期日の板寄せ、差金決済等のスケジュールは下記表です。

 

★ 満期日のスケジュール

11:00 満期日を迎えた Futures 取引停止
11:30 新しい満期日の Futures 取引開始
12:00 BTC 現物板の板寄せ
12:05 BTC 現物板の一本値(SQ)確定
16:00 0BTC 現物板で決定した SQ による差金決済

その他、bitFlyer Lightning Futuresの詳細は、公式サイトへどうぞ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Lightning Futures 〜 bitFlyerのビットコイン先物取引記事一覧

ビットコインの先物取引ができる取引所のbitFlyer Lightning Futuresの売買取引手数料です。Lightning FX/Lightning Futures売買手数料2017年11月時点では無料(終了の 2 週間前にLightning Futuresで告知します。)ビットコイン先物と証拠金ビットコイン先物〜Lightning Futuresでの取引を行うにあたっては、あらかじめ証拠...