仮想通貨のセキュリティ

MENU

仮想通貨でトレード出来る各社の一覧

仮想通貨のセキュリティの鍵をにぎっているウォレット

暗号通貨ハードウェアウォレット

暗号通貨ハード

ウェアウォレット

取引所のハッキング事件などより、ビットコインなどの仮想通貨での資産が増えてきたら、取引所に仮想通貨を預けたままにしておくのは安全ではないという認識が広がっています。

 

そこで、自分専用の仮想上の財布や□座の「ウォレット(wallet)」を、できるだけ速やかに作りそこに送金して保管しておくのが必須です。

 

英語で「財布」を意味している「ウォレット(wallet)」とは、「ビットコインなどの仮想通貨用のサイフ」です。

 

ウォレットには、以下の3つが格納されています。

  • ビットコインアドレス
  • 公開鍵
  • 秘密鍵
  • 秘密鍵=暗証番号・公開鍵=身分証明書
  • ビットコインアドレス=通帳を管理するための財布が、「ウォレット(wallet)」
銀行の場合 ビットコインの場合
銀行口座 ウォレット
通帳 ビットコインアドレス
身分証明書 公開鍵
暗証番号 秘密鍵

「ホットウォレット」「コールドウォレット」とは?

ウォレットには大きく2タイプにわけられます。

  • 「ホットウォレット」  常時オンラインでつながっている。
  • 「コールドウォレット」インターネットから完全に切り離されている。

資金を安全に守るならインターネット経由でハッキングされることがないコールドウォレットで保管するのが良いのですが、デメリットもあります。

 

例えばハードウェアウォレットの場合、仮想通貨を送受信する際に端末とパソコンを物理的に繋ぐ必要があるのが煩わしいと感じることもあるでしょう。

 

利便性をとるか、セキュリティの高さをとるか・・・それらのバランスを考え、自分に合ったウォレットを選ぶといいでしょう。

 

そして、初心者にオススメなのは「デスクトップウォレット」と呼ばれる管理方法です。

 

パソコンに専用ソフトを導入して、秘密鍵を保管するのです。

 

ただし、パソコンが故障した場合などは、ビットコインが取り出せなくなる危険性もあります。

ウォレットは、主に5タイプ!

インターネット上に保管(Webウォレット) 自分のパソコン上に保管(ソフトウェアウォレット)
メリット デメリット メリット デメリット
口座開設・設定が簡単でどのパソコンやスマホからもアクセスできるため、利便性が非常に高い。 基本的にセキュリティ面はサイト管理者に一任され、取引所に置いておくのとほぼ同じなので、ハッキングに遺う危険性が非常に高い。サイト選びが重要になる。 オフラインでパソコンを使用している限りではハッキングの被害からも防げる。 バックアップを取っていないとパソコンが故障した際に、二度と仮想通貨が取り出せない。インストール・設定等が難しいことが多い。
物理的な機器で保管(ハードウェアウォレット) スマートフォン上で保管(スマホ(モバイル)ウォレット)
メリット デメリット メリット デメリット

【オススメ!】

安全性が抜群。リカバリーフレーズに対応していれば故障・紛失時にも復旧可能
購入に1万円程度の出費がかかる QRコードで簡単に入出金ができ、利便性が高い。支払いや送金で多用するならアリ オンラインで使用するケースがほとんどなので、安全面が完璧ではない
紙で印刷保管する(ペーパーウォレット) 暗号通貨ハードウェアウォレット
メリット デメリット Ledger Nano S
アドレスと秘密鍵を印刷することにより、紙ベースで保管する方法。ハッキングの心配がほばない。 最も安全な管理方法の一つだが、紙の紛失や劣化により印刷がかすれて秘密鍵のQRコードが読み取れなくなるとアウト!

暗号通貨ハードウェアウォレット

ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)その他のオルトコイン(アルトコイン)用のハードウェアウォレット

ジャンル別の代表的なウォレット

ウォレットには、対応通貨があります。

 

つまり、1つのウォレットで全通貨を保管し管理できるわけではないのです。

 

例えば、ソフトウェアウォレットの「ビットコイン・コア」はビットコインにしか対応していません。

 

Webウォレット「MyEtherWaLlet」は3種類です。

 

一方、見張るのがハードウェアウォレットの対応通貨の種類の多さです。

 

Ledger Nano S」は、2018年3月現在で27種の通貨に対応しています。

 

とくにアルトコインを大量に保有している人にとっては必携のウォレットでしょう!

 

対応仮想通貨

ビットコイン ビットコイン

イーサリアム

オーガー

ビットコイン ビットコイン

リップルなど27通貨

ピットコイン・コア

ピットコイン・コア

(ソフトウェアウォレット)

MyEtherWallet

MyEtherWallet

(Webウォレット)

グリーンアドレス

グリーンアドレス

(スマホウォレット)

暗号通貨ハードウェアウォレット

Ledger Nano S

(ハードウェアウォレット)

ビットコインの保管に対応したソフトウェアウォレット。
ビットコインの公式クライアントで利用者が多い。

多様な仮想通貨を保管できるWebウォレット。
イーサリアムに対応しているので人気がある。

ビットコイン対応のスマホウォレット。
SegWitに対応しているため、送金手数料を自分で決めることができる。

現在、入荷3ヶ月待ちの大人気ハードウォレット。
全27種の対応通貨から最大5種類の通貨を選んで保管できる。

ビットコイン、イーサリアムなどの「仮想通貨で」で稼ぐ!

bitFlyer ビットバンクトレード(追証なし) DMM Bitcoin ビットコイン・アービトラージ・トリプル・アラート

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer 口座開設

詳細

ビットバンクトレード

ビットバンクトレード

詳細

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

ビットコインを3つのアラートで監視します!ビットコインを3つのアラートで監視します!?|?fx-on.com

ビットコインを3つのアラートで監視します!

GMOコイン みんなのビットコイン QUOINEX ビットトレード

アルトコイン訴求

GMOコイン

詳細

みんなのビットコイン

みんなのビットコイン

詳細

ビットコイン

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

詳細

ビットトレード

ビットトレード

詳細

Zaif


日本初! ビットコインのMT4取引を実現した取引所 BITPoint(ビットポイント)

金融庁に登録されたその他の取引所

ビットコインチャート

  • マネーパートナーズ
  • SBIバーチャル・カレンシーズ
  • BTCボックス
  • フィスコ仮想通貨取引所

免責事項

※お申し込みをされる際は、各ビットコイン投資会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。
セキュリティが万全だと宣伝されていた大手取引所がハッキングされ仮想通貨を盗まれたり、顧客の資産が回収不能となるという事件が何度も起こってます。

当サイトに掲載の取引所もハッキングの被害に遭わないと言い切れません。

少なくとも、取引所に資産を長期間預けるのはやめておきましょう。