暗号資産(仮想通貨)会社

Coincheck(コインチェック) DMM Bitcoin
コインチェック DMM Bitcoin

暗号資産(仮想通貨)でトレード出来る各社の一覧

仮想通貨でトレード出来る各社一覧へ

「半減期」と価格上昇

仮想通貨の説明

ビットコインの「半減期」とは、ビットコインが発行される量が減っていることを表します。

 

ビットコインは、2140年頃・累計2100万BTCまで発行がストップします。

 

ビットコインは、発行量に上限があるのです。

 

2009年に誕生して以来、発行量は、10分ごとに50BTCでしたが、約4年ごとに半減していき、2016年7月16日から1日12・5BTCとなっています。

 

10分ごとに発行される量が半分に減っていくことから、「半減期」といわれています。
すでに75%の量が発行済みのビットコインの供給には限りがあるのですが、ビットコインの利用範囲が広がり、売買に参加する人が増えれば、需要が供給を上回ると考えられ、価格が上昇トレンドとなると考えられています。

ビットコイン、イーサリアムなどの「仮想通貨で」で稼ぐ!

Liquid by Quoine コインチェック DMM Bitcoin GMOコイン

Liquid by Quoine

コインチェック

コインチェック

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

GMOコイン

GMOコイン

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

TREZOR

FX用VPSで暗号資産(仮想通貨)自動売買(お名前.com)

金融庁に登録されたその他の取引所

ビットコインチャート

  • マネーパートナーズ
  • SBIバーチャル・カレンシーズ
  • BTCボックス
  • フィスコ暗号資産(仮想通貨)取引所

免責事項

※お申し込みをされる際は、各ビットコイン投資会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。
セキュリティが万全だと宣伝されていた大手取引所がハッキングされ暗号資産(仮想通貨)を盗まれたり、顧客の資産が回収不能となるという事件が何度も起こってます。

当サイトに掲載の取引所もハッキングの被害に遭わないと言い切れません。

少なくとも、取引所に資産を長期間預けるのはやめておきましょう。