取引所を資本金で比較

暗号資産(仮想通貨)の取引所を選ぶ際の参考として
資本金の額で選ぶことは、「取引所の体力を判断」することになります。

 

つまり、資本金が多いほど破産しにくいとも言えます。

 

また、銀行など一流企業が出資企業として参画しているかも重要な点です。

 

ここでは、資本金で比較しています。

 

取扱い会社名 資本金 詳細

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer (ビットフライヤー)

41億238万円(準備金含む)

詳細

Zaif

8億3013万円(準備金含む)

詳細

広告は終了です。

1億1百万円(準備金含む)

詳細

GMOコイン

GMOコイン

17.58億円(準備金含む)

詳細

広告は終了しました。

2億1700万円(準備金含む)

詳細

ビットコイン

QUOINEX
(コインエクスチェンジ)

詳細

44億3,000万円(準備金含む)

詳細

ビットコイン、イーサリアムなどの「仮想通貨で」で稼ぐ!

Liquid by Quoine コインチェック DMM Bitcoin GMOコイン

Liquid by Quoine

コインチェック

コインチェック

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

GMOコイン

GMOコイン

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

TREZOR

FX用VPSで暗号資産(仮想通貨)自動売買(お名前.com)

金融庁に登録されたその他の取引所

ビットコインチャート

  • マネーパートナーズ
  • SBIバーチャル・カレンシーズ
  • BTCボックス
  • フィスコ暗号資産(仮想通貨)取引所

免責事項

※お申し込みをされる際は、各ビットコイン投資会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。
セキュリティが万全だと宣伝されていた大手取引所がハッキングされ暗号資産(仮想通貨)を盗まれたり、顧客の資産が回収不能となるという事件が何度も起こってます。

当サイトに掲載の取引所もハッキングの被害に遭わないと言い切れません。

少なくとも、取引所に資産を長期間預けるのはやめておきましょう。